【霊氣の歴史】

1922年(大正11年)に臼井甕男(1865〜1926)という方が
鞍馬山での21日間の瞑想の結果、啓示をうけとって創始したと言われています。
大正12年の関東大震災に際しては
霊氣によって多くの人を救済したことが記述されているそうです。 
その後も臼井霊氣療法学会として活動して、この学会の流れはいまも続いています。

しかし、現在のような霊氣の広がりはこの学会からではなく、
高田はわよさん(1900〜1980)という日本人を両親に持つハワイの移民の女性から始まりました。
はわよさんが病氣の治療に日本に戻り、出逢ったのが臼井甕男さんの弟子であり
海軍の軍医であった林忠治郎さん(1879〜1941)でした。最初に林さんから施術を受けたときに
電氣を隠し持っているのではないかと、ベッドや治療師の身体を調べたということです。
アメリカ人らしいエピソードです。その後、はわよさんは霊氣を林さんから学び
最終的には林さんが亡くなる直前にハワイで彼からマスター(ティーチャー)の伝授を受けます。
その後、はわよさんは1980年に亡くなるまでに22人のマスターを育てます。
そのマスターたちから、現在の世界中の霊氣ティーチャーがつくられたわけです。

イギリスでは保険治療の範疇にはいるほどに霊氣は普通のものになっています。
ドイツ人やアメリカ人の信奉者の多いインドの哲学者OSHOのアシュラムでも
霊氣が行われるようになり海外レイキのなかでもOSHO レイキとして日本に入ってきます。
そしてOSHOのサニヤシンであり、ソハムの友人でもあるドイツ人のFrank Petterという方によって
日本に霊氣ティーチャーが育っていくことになります。
それまでは日本ではセカンドディグリーまでしか受けられませんでしたが、
札幌で日本人の奥さまと英語学校を開いていたPetterさんが
1992年にドイツでマスターになられ、秘伝としてオープンにされなかった
サードディグリーとティーチャーズディグリーを教え始めたからです。

現在、日本でははわよさんから発展した海外レイキ(OSHOレイキを含む)と
臼井甕男さん直伝の臼井式霊氣があります。
海外レイキと日本の密教的霊氣の双方に通じている霊氣としては
土井裕さんの現代霊氣や上野正春さんの真伝霊氣などがあります。
海外レイキと日本の伝統霊氣との大きな違いは、
海外レイキが誰でもが訓練も修行もなしにできる霊氣を提唱しているのに対し、
日本古来の霊氣では個人の修行や霊格の高さが重要視されているところでしょうか。
治療者を育成する日本式に対して、
心身双方のセルフヒーリングとしての海外レイキという見方もできるかもしれません。
今の地球のレベルから考えると、特別な人(治療者)を必要としない
海外レイキが広がっていくことは流れに沿っていると思います。

Frank, Arjava Petterさんのサイトは、こちらから。

ソハム(日本人です。本名は飯島嘉昭さんです。)のサイトは、こちらから。