<< Tao塾通信 No29 2013/03/13 | メイン | Tao塾通信 No31 2014/01/11 >>

2014年04月15日

Tao塾通信 No30 2013/04/06

【Miracle of Love】

スタートボタンのお話し☆

私の友人は出逢った頃
卒業大学にコンプレックスを持っていました。
そのおかげで、彼女は人一倍の努力をし
多くの生徒から慕われる素晴らしい英語の先生になりました。
先生になってからも、寸暇を惜しんで学び続け
文法の先生について学び、フランス語も堪能。
おまけに生徒たちに、いつも美味しいクッキーやケーキを
自分で焼いては食べさせていました。
英語学習の本を数冊出版して、そのどれも評判は上々。

で、ここで彼女がコンプレックスを
持っていた大学の【本当の価値】がわかる。
彼女が最初から堂々と自慢できるような大学を卒業していたら
もしかしたら、今のような彼女には、なっていなかったかも
しれないからです。
高校の時に大きな病氣をして受験勉強が思うようにできず
自分の本来の能力にふさわしいとはいえないレベルの大学に入学。
「こんな大学では、みんなから認めてもらえない。」という
一見、ないほうがいいようなコンプレックスが
彼女を公私ともに素晴らしい先生へと育てていった。
これがスタートボタンの意味です。
(ちなみに、彼女の卒業大学は決して悪い大学ではなく
 私からみたらステキな大学なのです。
 コンプレックスなんて、そんなものかもしれないですね。)

日本人として初めてスピードスケートで金メダルを
とった清水宏保さんは子どもの頃に小児喘息でした。
身体を強くするためにスケートを始めたと聞いています。
河合隼雄さんのお兄さんで霊長類学者の河合雅雄さんは
小さい頃に吃音で人間の友だちがつくれずに猿と話した。。と
どこかで読みました。

人は天職につくために、または魂が喜ぶ方向へと
間違いなく進んでいくために、一見、ネガティブな出来事や
辛い体験にであうこともある。
思い通りではない環境を用意して生まれてくることもある。
それがスタートボタンです。

美空ひばりさんのお父さんが妻を大事にする
真面目なサラリーマンだったら、ステージママの元祖である
ひばりさんのお母さんはいなかったかもしれない。
遊芸好きの父に連れられて小さい頃から歌舞に親しんだこと。
夫のいない寂しさから、娘の才能を伸ばすことに力を注いだ母がいたこと。
この2つがあって、美空ひばりというスターが誕生したようです。

相田みつをさんのお母さんが、仏さまのように心寛く
優しい母親だったら、みつをさんは禅の世界へ
入らず、私たちは彼の書によって励まされることは
なかったかもしれない。
母を【逆縁の菩薩】と呼んだ相田みつをさん。
この人がいたからこそ、悩んで悩んで魂の行くべき方向へと
すすめた。だから菩薩。
逆縁の菩薩はスタートボタンを押しにくる?

あなたにとっての【逆縁の菩薩】は誰ですか?
えっ?多すぎて全員は思い出せない?
いいですねぇ。それだけ恵まれているってことです♪
だって、たくさんの菩薩に道案内してもらっているってことですから。

あなたにとっての【スタートボタン】は何ですか?
ほほ、どれがスタートボタンなのかわからないって?
1回でいいから、じっくりと人生遡って
スタートボタンを見つけてみるものいいかもしれませんね。

【逆縁の菩薩】も【スタートボタン】も
あなたの魂が用意したもの。あなたを輝かせるために
存在するものなんですよね。

大事なことは、逆縁の菩薩もスタートボタンも
役割が終わったら、その役割から解放すること。
私を、行くべき道へ進ませてくれた逆境や
成長させてくれた辛い体験・・・
それらを感謝とともに手放す。

最初に書いた私の友人は、人一倍頑張って
素晴らしい人生を歩んでいるのだから、もうコンプレックスは
必要ないんです。なくても先に進める。
彼女から、ある日、電話がかかってきました。泣いている。
悲しいからじゃない。嬉しそうに、こう言うんです。
「かよちゃん!私って良い奴よね。英語ができるからじゃなくて
良い先生だからじゃなくて、そうじゃなくても、
私って愛されているのよね。
クッキーやお菓子を作れるから良い奴なんじゃなくて、
そんなのつくらなくても、私って愛されているのよね。
なにもしなくても、そのまんまで
愛されていたのね。それがわかったの。」

「こんな奴と出会わなければよかった」と思うような嫌な人間や
そこまでではなくても「あの人、失礼よね!」とか
「なんで、あんなこと言うのかしら!!」と私を怒らせ
腹立たせてくれた、たくさんの人たちに心から感謝できたら・・・
スタートボタンや逆縁の菩薩に
【出逢えたことを感謝しています。ほんとうにありがとう】
と言えたなら。。。。
うぬぅ・・なかなか言えない。でも、本氣で感謝できたとき
私はとっても自由になる。あの友だちのように自由になる。
   
Tao塾通信はにえかわかよこのTao塾のメルマガです。
聴いたこと、読んだことは、それが1秒前であっても
面白そうだと人に話す・・という癖があります。エピソードの原典やバックの理論など、まったく知らずにです。
ということで、もし、Tao塾通信のなかで話されたことに間違いを発見したり、エピソードの原典をご存じだという場合には、是非教えてくださいね。
 

投稿者 kayoko : 2014年04月15日 22:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://taojuku.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/50